FC2ブログ
東京室蘭会のZoomイベント2020で宮川さん、松田さんが大活躍
2020 / 12 / 19 ( Sat )
2020年12月12日に東京室蘭会でZoomイベント2020を開催しました。
出演者の宮川悦子さんと松田宏介さんは白鳥会47期です。このイベントが決まってからお二人が同期であることが分かりました。お二人とも、素晴らしいコンサートと講演でした。

Ivent2020MiyagawaKato
宮川さんの演奏終了後に記念撮影、司会の加藤さんも一緒にパチリ

東京室蘭会Zoomイベント2020は12月12日10時~ギャラリー徳の蔵と室蘭市役所とホストを結んで配信されました。約60名の参加者が関東以外からも、北海道、愛知県、遠くはヨーロッパからも参加されました。
ギャラリー徳の蔵は小林澄子さん(白鳥会10期)の自宅に併設した蔵で、ギャラリーとして演奏会などを催しています。動画もありますので興味がある方はご覧ください。

◆第一部
10時少し前に司会の加藤さんの挨拶で開場。第1部は宮川悦子さんのコンサート
以下が当日の演奏のプログラムでした♪
 1 カノン(フルート)
 2 竹田の子守唄(フルート)
 3 つらら。チョコ味(宮川悦子作曲 篠笛)
 4 海の風山の風(宮川悦子作曲 篠笛)
 5 リベルタンゴ(フルート)
 6 情熱大陸(篠笛)
情熱大陸はYouTubeでご覧いただけます。(少し手ブレがありスミマセン)

4曲目の海の風山の風では、加藤さんが波の音で参加
Ivento2020naminooto

◆第2部
10時45分から「室蘭の松田さん~」という加藤さんの声掛けから室蘭市役所でスタンバイしていた松田宏介さんへバトンアタッチ。松田さんは室蘭市の学芸員をされています。
Ivento2020Matsuda1
講演は45分の予定で、11時30分過ぎからの質問コーナーへ参加申し込み時点からたくさんの質問を頂いていました。
講演の前半は、私たちのふるさと室蘭市の歴史を説明されました。日本遺産の「炭鉄港」で室蘭にもスポットが当たっています。後半は、縄文の話になり、皆さんがぐっと話に引き込まれた内容でした。学校で習っていないとの声があったように初めて聞く話しが多かったです。
講演の概要は下記のURLをクリックしてPDFファイルをダウンロードしてください。
⇒ここをクリックしてください

Ivento2020Matsuda2
絵鞆小学校のグラウンド下の発掘の様子、また室蘭は「土偶のまち」にはロマンを感じました。室蘭の土偶は、あの青森県つがる市の遮光器土偶とも同じ時代の物と。室蘭の土偶は東京国立博物館に所蔵されていて東京室蘭会の私たちの方が見るチャンスが多いと説明された。
輪西の土偶を見たくて調べてみると、室蘭の輪西土偶は遮光器土偶と同じく重要文化財です。そして東京国立博物館のページには、「縄文時代の祈りの道具・土偶」東京国立博物館平成館 考古展示室 にて2020年9月8日(火) ~ 2021年2月28日(日)の間展示されていると書かれていました。
興味がある方は、東京国立博物館へLet's Go!

最後に、本イベント開催にあたり準備にあたっていただきました室蘭市役所の皆様、清水丘高校東京同窓会、東京白鳥会、室蘭工業大学東京同窓会そして東京室蘭会事務局の皆様、最後に会場下見・リハーサル・イベント本番にコンサート会場をお貸しいただいたギャラリー徳の蔵の小林様ご夫妻にお礼申し上げます。皆様の協力でZoomイベントを開催することができました。
イベント終了後のアンケートは38件寄せられました。ありがとうございました。全員が次回のZoomコンサートに参加したい(2割の方は内容によると回答)との回答でした。次回のZoomイベントも検討させていただきます。
皆様、新型コロナウイルスが感染拡大しております。今まで以上にご注意いただき、良いお年をお迎えください!
20:11:07 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京白鳥会第14回講演会と忘年親睦会
2019 / 12 / 14 ( Sat )
東京白鳥会第14回講演会と忘年親睦会


2019年11月30日(土)15時〜関東ITソフトウェア健保会館「桜華楼」にて、東京白鳥会第14回講演会と忘年親睦会が賑やかに開催されました。参加人数は111名の参加を頂きにぎやかに、開催されました。

<第一部 講演会> 

講師:12期 森 征一氏 (慶應義塾大学名誉教授)
   テーマ:「遠くて近い国、ブラジルと日本」
     〜北海道民のブラジルへの移住100周年を迎えて〜


79314722_3119722491431886_3097369915242315776_n.jpg

今年は北海道民がブラジル移民として渡航して日伯100周年。森征一氏は慶應義塾大学より1985年~1年間日本法を教えにブラジルへ参りましたがその際のお話などをテキストを追ってお話しして頂きました。先方の大学で、講義は通訳を使っていましたが、生徒からポルトガル語で話して欲しいと言われ、夜の酒場でポルト語を学びましだ。それで、何とか講義できるようになりましたが、日本の商社マンに先生のポルトガル語は変だと言われ、学んだ場所を教えると、やはりそうかとバカにされ、将来見ていろと思い、ポルトガル語辞典を作り、多くの日本人商社マンが購入することになり、その時の仕返しができた次第なのだそうです。。

ブラジル移民では社会貢献した方も多く
初のブラジル移民船「笠戸丸」で水野龍(りょう)さんはブラジルに渡りましたが
帰国して銀座で喫茶店を開きました。 「銀ブラ」 は銀座のパウリスタへコーヒーを飲みに行こうという事。銀座の銀とブラジルのブラを取って『銀ブラ』と言われるようになり、今も銀座に老舗の紀伊茶店として親しまれています。
https://www.j-cast.com/2018/12/03344536.html?p=all

ブラジルからは多くの物を日本は輸入している鉄鉱石、鶏肉、宝石(ダイヤモンドやルビー)
インディオの薬草が世界中の製薬会社から注目を浴び、世界中からブラジルに来たが、日本の会社はひとつも無かったことが残念です。

ブラジルに奴隷制度がなくなり、欧州から移民を受け入れまいたが、イタリアは、あまりにも話が違って待遇や環境が悪いので不満を表明し、移民を本国へ連れ戻ましてしまいました。その後、日本の移民政策が明治初期に始まり多くの方が海を渡りましたが、そのころ北海道へ開拓で入植した人の中で寒さと不作で、苦しんでいた人たちが」ブラジルへ渡った方々が大勢います。

<第2部 忘年懇親会>
小野会長の挨拶と八百坂副会長の乾杯に始まり、桜華楼の中華料理に舌鼓を打ち、楽しく、打ち解けた1時間30分でした。

image0.jpeg image3.jpeg
1期の高久さんと初参加56期の天童さん         講演者の森さんと前回の講演者26期の小川さん達

image5.jpeg 
77392576_3119722638098538_7488245007783034880_n.jpg

最後に栄高校校歌、そして在校の時には滅多に歌ったこのない優勝歌を高らかに歌い、今泉副会長の中締めを行い、
ご出席の1期高久昇さんから56期の天童高広さんまで111名の方が集い、和気あいあいの時間を過ごしました。

18:02:39 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京白鳥会第13回講演会と新年親睦会
2019 / 02 / 09 ( Sat )
東京白鳥会第13回講演会と新年親睦会

<講演会>
2019年1月27日(日)15時〜関東ITソフトウェア健保会館「桜華楼」にて、東京白鳥会第13回講演会と新年親睦会が賑やかに開催されました。猛威を振るうインフルエンザの影響で開催日に急遽キャンセルされる方が大勢ありましたが参加人数は100名の参加を頂きにぎやかに、そして今回は久々に女性の講演者を迎え、華やかに開催されました。

20190127オープニング


 今回は、26期の小川暢子さんの登場です。小川さんは東京女子体育大学を卒業後、全日本航空の客室乗務員として活躍され、
結婚後はご主人の転勤に伴い、上海に渡り、そこで漢方・薬膳・足裏健康法などと出会って興味を持ち、帰国後は「足の大切さ」
や「姿勢と呼吸のつながり」を学び、現在は「元気なキラキラびと」が増えるようかるカルチャーセンターやウオーキングイベント、
短大などで講師として活躍中です。メディアにも登場、話題となりました。



<新年親睦会>
第2部は、楽しい新年親睦会です。小野会長に今年一年を振り返りながら、会のますますの発展をとご挨拶を頂きました。場所が中華の「桜華楼」の会議場ですので、美味しい中華を頂きながら、好きなドリンクで歓談。

20190127小野会長挨拶
小野会長の挨拶

20190127OgawaFriend
26期の皆様

199[1] 189[1]



最後は17期の大津さんのエールで「栄高校校歌」、「優勝歌」で盛り上がりました。大津さんに元気いっぱい三三七拍子でしめていただきました。2020年オリンピックに先駆けて、総会でお会いしましょう!



当日の懇親会の様子は、下記の写真をクリックしてね。たくさんの笑顔に会えますよ。
20190127リンク用
22:17:59 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「佐藤嘉一さんを偲ぶ会」に出席してきました
2018 / 08 / 01 ( Wed )
20180715_shinobukaiBr2当日のパンフレット

20180715_shinobukaiBr1

室蘭栄高校2期「佐藤嘉一さんを偲ぶ会」に出席してきました。
元劇団エルムの皆様が呼びかけ人として偲ぶ会が開催されました。
出席者は、劇団エルムの皆様、日本児童演劇協会の皆様、そして東京白鳥会の塚田さん・八百坂さん・大津さん・小笠原、
坪川監督と出演者・映画関係者で構成されていました。また韓国・台湾からのご友人もいらっしゃいました。

最初に呼びかけ人代表として演出家の ふじたあさや さんが挨拶されました。劇団えるむの設立のお話はとても良かったです。私たちの知らない佐藤嘉一さんがそこにいます。
その後も、劇団の方々、台湾の友人から佐藤嘉一さんの人柄が感じられるお話が続きました。東京白鳥会は塚田さんから出席者の紹介と東京白鳥会の設立に佐藤嘉一さんが尽力されたことを紹介。

最後は坪川拓史監督が映画「モルエラニの霧の中」第6章「樹木医の話」を上映。元樹木医の佐藤嘉一さんを中心にストーリーが展開。本当に佐藤さんが同じテーブルにいるようなホットな偲ぶ会になりました
20180715_shinobukai
写真手前右から:室蘭映画製作応援団事務局長の東野郁夫さん、女優の橋本麻依さん、アーティストのKwon Na-Yeonさん、坪川拓史監督、八百坂副会長、大津副事務局長、塚田顧問、小笠原、高井三千子さん(元劇団)

佐藤嘉一さんのエッセイもご覧ください。
12:41:39 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京白鳥会第7回総会・懇親会が盛会のうちに終わりました
2018 / 05 / 20 ( Sun )
東京白鳥会第7会総会及び懇親会開催!

心配された雨も降らず、5月19日(土)市ヶ谷アルカディアにおいて東京白鳥会第7回総会と懇親会が開かれました。
昨年、母校開学100周年を迎え、栄高校の現校長、室蘭白鳥会役員の方々、伝説の応援団の皆様もご参加頂き、盛況な総会・懇親会となりました。
出席者は栄高校1期生から64期生まで合計で130名。ご夫婦での参加が6組ありました。事務局メンバーをはじめ、結集を行っていただきました各期の幹事の皆様、ありがとうございました。開会前は、創立100周年記念動画を見ていただきました。
受付2018

塚田会長挨拶 塚田会長

定刻の12時、嶋野副会長のあいさつで開会。
初めに塚田尚史会長があいさつ。2年ぶりに皆様と再会できました事を嬉しく思います。そして室蘭から佐々木校長、次期白鳥会会長の渡辺様、百成幹事長の出席を頂き開催されたことを紹介。昨年は、母校100周年盛大な式典と祝賀会が行われ、次の100年に向かっての更なる発展を誓い合ったところです。皆様そして東京白鳥会も何分かの貢献ができたのではないかと思います。
東京白鳥会も第7回の総会を迎えることができました。2年に1辺の開催ですが、会も充実してまいりました。総会では芸術芸能に秀でた先輩後輩の方々の演奏があり、今日も大変に期待しております。また遠路100周年披露された41期の応援団の皆様がみえており大いに楽しみたい所です。
総会の無い年は2度の新年会・忘年会があり、先輩後輩の各界で活躍されている方々の講演があり、来年も又楽しみにしています。皆様の協力のもとに会が開催でき、ありがとうございます。また「モルエラニの霧の中に」の映画も最終段階に入っていると聞いている。当会副会長の八百坂さんが東京応援団の団長をやっておりますが、皆様と一緒に支援していきたいと思います。
今日は世代を超えた楽しい懇親会になればと希望する次第です。、今日はこの会を準備いただきました事務局、また期の幹事の皆様にお礼申し上げます。とともに、今日ご出席いただきました皆様の益々のご健勝と東京白鳥会の益々の発展を記念してと結んで挨拶を終えた。

2018原 原事務局長
続いて2年間の事業報告と会計報告を19期の原事務局長が、監査報告が同じく19期の苫米地監査から行われた。続いて役員改選で塚田会長が退任し、小野新会長が新会長に推薦された。参加者全員の賛同の拍手を持って無事に第7回総会は終了しました。 

2018会長交代
12期の小野拡邦新会長から挨拶を頂きました。
塚田会長からのご推薦、活発に活動している我が12期の皆様の推薦と考えお引き受けすることにしました。
東京白鳥会は鴨下初代会長で会を作り。引きつづき塚田2代会長が発展させてきた。3代目の私、世間的な悪いジンクスを破り、微力ではありますが努力させて頂きます。大事なことはこの白鳥会を次の世代に引き継いでいくことと考えております。白鳥会を発展させて行くためにも皆様からのご協力が必要です。塚田前会長には引きつづき後見役をしていただきます。皆様、一緒に会を発展させていきましょうと挨拶を結ばれた。
2018小野新会長 

<懇親会>
ただ今から懇親会をという大津さんの発生で開会
懇親会は室蘭から来られた第33代室蘭栄高校校長の佐々木淳校長のあいさつにはじまりました。
昨年6月10日の100周年は、着任2か月10日目。出身は秋田県大館市。私の出身校も栄高校と同じ普通科と理数科があり、スーパーサイエンス指定校。
現在は、1学年6クラス240名。全校生徒で全日制700名、定時制66名(24名が1年生)。 
挨拶のあとに、乾杯のご発声を頂きました。
2018校長

この後しばらく歓談タイムに!懐かしいあの顔、あの先輩・後輩。久々に同期のみんなが。。。美味しい料理にビールにワイン。語らいが弾みます。
20187th同期のみんな

<アトラクション>
47期のフルート奏者 宮川悦子さん(写真左)の登場です。今回はご友人のアイリッシュハープ 二橋麻子さんの応援を頂きフルートとハープの共演コンサートが開始です。
20187thFluteMiyagawa
演奏曲は 「愛の挨拶」「亡き王女のパバーヌ」「スカボローフェア」「そらのあな」「夏は来ぬ」「チャルダッシュ」。
そしてアンコール曲「ふるさと」に。
途中に楽しいトークを挟みながら、あっという間にラストの曲。
動画は宮川さんのオリジナル曲「そらのあな」
宮川さんはフルートを笛に替えて演奏。
演奏中に先輩の方が一言「繊細で素晴らしい音色が、自分の汚れた心をすっかり浄化してくれたよ」と。


アンコールの後に当会のすずらんの会の皆さんが壇上に呼ばれて、一緒に「ふるさと」を歌いました。


<期紹介>
まずは20期の皆様方。発表は期幹事の只野さん。
3年1組の担任 小西先生の米寿を祝う会の紹介を頂きました。
20187th20期

続いて21期の皆様方。MCは期幹事の上野山さん。
21期のみんなで2007年に母校を訪問・見学。イタンキでバーベキューが良いですね。
201821期

<伝説の応援団>
昨年の母校100周年の記念行事で伝説の応援団が演舞を披露した。
その伝説の応援団が東京白鳥会に登場!左は41期 第73代応援団長 十鳥 恭一、中央は佐藤 康幸、右は宮川 敦。
2018DensetsuOuendan

栄高校に入学した1年生に歌唱指導をする応援団。思い出しました、あの時を。


応援歌メドレー
1曲目 金色の征矢(リーダー 宮川) 
2曲目 北海の空+エール(リーダー 佐藤) 
3曲目 壮行歌(リーダー 宮川)


優勝歌の次は、栄高校校歌をみんなで熱唱!全員が、それぞれあの時の自分にタイムスリップしたようです。
皆さん、大声で校歌を歌っていた自分に気づいたでしょうか?


興奮冷めやらぬ会場に4期の石井期幹事が登場。
元気にまた次回お会いしましょう!最後は万歳三唱!中締めの挨拶をいただきました。
2018BanzaiIshii

19期の皆さま、準備と進行大変にお疲れ様でした。

当日の会場での写真はたくさんございます。下記の応援団の写真をクリックしてください。
2018応援団第7回東京白鳥会総会
23:42:51 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ