藤 直達先生にお会いしました。
2008 / 03 / 25 ( Tue )
3期の関谷章さんより藤直達先生の近況をお送り頂きました。
ダンディな藤直達先生 93歳 50年前の美人にかこまれて
 
写真1
                                                3月16日撮影
親戚の法事で3月半ばに室蘭へ行く機会があった。久しぶりにお会いした今年93歳になられた藤 直達先生は、多少耳が遠くなられているが、以前と変わらず大変ダンディーでお元気な様子だった。
事前に在京の3期生が去年末に京都へ行ったときの集合写真をお送りして置いたが、その10人程の全員をはっきりと判別されたと云うお話だった。
また、先生の若い頃に私の父と飲んで、裸で先生の官舎の庭に出て相撲を取ったことも覚えて居られる様子だった。
私が先生の慰めになればと持参したオペラのDVDにも強い関心を示され、まだまだお元気で居られると感じた。尤も、持参したDVDの機器に不具合があって私が大汗をかいたが、それにも学生時代なら元気に怒鳴られるところを、優しく付き合って戴いて大いに恐縮した。
最後に、東京白鳥会の皆さんに何かお伝えすることは、とお尋ねしたら、「何よりも健康に気を付けられる様に」とのことである。健康にさえして居れば、こうしてお会いする機会も出来ると云うことであろう。皆さんも何かお便りでもすれば藤先生も大変お喜びのことと思うので宜しくお願いしたい。

 (藤先生の住所:〒051-0034 室蘭市増市町1-13-3)        
                                              
                                              栄校3期生 関谷 章   
                           
18:12:14 | リレーエッセー/時のかけはし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<電信浜の夕暮れ | ホーム | <どん尻会>の感慨>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tokyohakuchoukai.blog34.fc2.com/tb.php/18-cbd4f505
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |