遂にやった!北海道一周ファイナルステージ
2015 / 11 / 18 ( Wed )
挑戦(北海道一周ファイナルステージ)  
栄高校第13期 高嶋威男 山形修身

IMG_2055.jpgまだ朝靄の残る午前6時、初老の4人組は苫小牧市役所前で躍動していた。目は少年のようにキラキラ輝き、自信ありげ(?)に各々、時に腕振り、時に腿上げのような仕草をみせ、時には談笑している。異様な情景である。
その4人組が苫小牧→白老までタスキリレーするというのだ。大丈夫かい!
スタートは富森君(同期3組 当時、野球部)で糸井まで<5キロ>
 富森談「妻とのウオーキングが日課となっていた。今回の誘いで、さらにウオーキングのスピードと距離が増した。ウオーキングは、これからもつづけていきたい。  
(写真①富森君<右>から大河原君へ)                              
IMG_2062.jpg
車で彼を追い越し、次は大河原君(〃5組 当時陸上部)にリレー、錦岡まで<5キロ>
大河原談「気楽な気持ちで参加したが、さすがにタスキをかけた時は緊張した。全道高校駅伝で頑張った時のことが思い起こされた。(写真②大河原君<右>から山本君へ)
続いて山本君(〃1組、当時陸上部)で社台まで<5キロ>
山本談「50年ぶりのタスキリレー、日頃のウオーキングで何とかなると高をくくっていたら、そんな甘いものではなかった。必死で5kmをスロージョギング、どうにか完走。在りし日の駅伝をしていた自分を思いだし良い想い出が出来た。ありがとうございます。
IMG_2067.jpg足が本調子でない山形は白老まで<8キロ>
(写真③山本君<右>から山形へ)。
気温がグングン上昇してきたのでランシャツで、故郷の空気を胸いっぱい吸い込み、気分良く走れた。
そして前泊し、満を持しての高嶋君は長丁場の鷲別<35キロ>まで
(写真④山形<右>から高嶋君へ)、
という具合にスクールカラーであるエンジのタスキはリレーされていった。私が高嶋君にリレーする際、渡辺敏明君(14期栄高100周年実行事務局長)が待機していて、リレーするや否や「現役学生のデザインした100週年記念Tシャツを着てゴールして欲しい」と、ドスの聞いた声。彼の目もまた輝いていた。2年後の記念行事を何としても成功させるのだ、その為の先鞭を切って欲しい、という強い思いが伝わってくる。彼が仕切るのなら大丈夫だな、と喜んで協力させて頂くことにした。
IMG_2069.jpg鷲別からは、タスキリレー組と、ここからウオークする組(3組渡邊勲君の奥様、お姉様。5組泉沢ヒロ子さん。〃渡辺週子さん。9組佐藤啓子さん)と合流、さらに、半世紀以上の年齢差のある現役陸上部員も加わり、午後3時半ごろ、素晴らしい快晴のもと地元マスコミや大勢の同期達等の応援の待つ母校正門前に無事ゴールすることが出来た。
ゴールを仕切ってくれたのは、大柴惣壽君(5組)、横断幕の仕掛等大変お世話様でした。(山形記)

当日の朝8時に本輪西の実家を弟の車で出発、途中、山形君にケータイで状況を確認すると、予定通りの時間で山本君がタスキをつないだともこと。鷲別からの道中を確認しながら白老目指して行く。当初30キロと呈していた距離がなんと35キロもあることが分かり、走るペースを少し目にせざるを得ない。白老には妹が済んでいるので、休憩かたがた、連絡を待つ。富森君から、「山形君にタスキが繋がった」の連絡が入る。彼の走力を読んで、すぐに中継地点に向かった。しばらくすると、富森君の車に大河原君、山本君が乗って到着する。
PAP_0001.jpg予定では社台から5キロだったが、8キロほどあるとの情報が告げられる。中継予定の10時に山形君の走る姿を確認する、ジャージを脱いで、走る準備をする。10時03分タスキを山形君から引継ぎ、35キロ先の鷲別を目指した。ウオーキングのメンバーと鷲別で合流し、一緒に母校(室蘭栄高校)にゴールする手はず。
最初の5キロ地点(東萩野)に27分後に着く。少しペースが速いので、次からはキロ6分に調整する。北𠮷原、虎杖浜で休憩を取る。虎杖浜は国道筋にカニのレストランが点々とある。【写真は虎杖浜のドライブイン】
虎杖浜から登別へは若干の上りになる、また風速1mのそよ風は気持ちよく走ることが出来る。峠を越えて登別に入ると 雪虫が群がっている。また、路面からは熱気がむんむん。
CIMG2322.jpg{写真は幌別郊外を走る}
 12時15分、登別駅前のセイコーマートの駐車場に着く、ここで13時まで、昼食時間にする。13時、再スタート。登別から富浦までは今日の2つ目の上りになる。途中、渡辺周子さんからケータイに電話が入る。「鷲別の駅に、ヒロ子ちゃんといるが、他に誰もいない。」との事、「13時30分に山形君が行くのでそこで待ってね!」と伝え、再びランニングモードに入る。峠を越えると眼下に富浦の集落と、雄大な太平洋が広がる。しばらく行くと見覚えのある車が向かってくる、菅原君ではないか。次の休憩は幌別のサンクスであることを伝えると、彼はすUターンしてくる。サンクスまでの途中で富森君が給水をしてくサンクスからは右側の歩道を走る、間もなくバイパス方面の分岐があり、歩道は左側になる。波よけのある立派な歩道だが、コンクリートが硬そうなので、そのまま車道の左側の路肩走る。しばらく走ると海岸線が草原になる。確か6月ごろにはスズランの群落があったはずだ、高校時代には植物採集に来た記憶がある。道路の右側に見覚えのある「月とライオン」の建物が見えた。CIMG2331.jpgそろそろ、幌別から富岸に差し掛かり、西富岸を通過、走る区間は残り2キロ、バス停「鷲別」で富森君が待ってくれているはず。ゴールが見えれば、おのずと快調にとばす。14時45分に目的地「鷲別」に到着する。
鷲別に着くと、すでにウオーク組はJR「鷲別駅」から歩き始めていた。すぐに着替えて自分も「ウオーク組」に合流する。さらに「雲上閣」の駐車場からは、現役の陸上部員と一緒に母校「室蘭栄高校」の正門目指して進む。みんな手をつなぎ、大勢の見守る中でゴールのテープを切る。【写真は鷲別でウオーク組と合流】(高嶋記)

                

2人力を合わせた2000キロ走破のゴールの瞬間には、道中、危険と隣り合わせであった時々の事が走馬灯のように駆け巡った。あらためて、道中の幸運に、自分達の健康に、そして応援頂いた皆様方に、感謝の気持ちで一杯です。そのゴールで、お身体の優れない中、介添えの方に肩を借り、応援に駆けつけてくださった大井輝行先生(日本史;4組担任)、満面の笑みを浮かべ握手を求められた際には、胸に熱いものが込み上げてきました。文さん(佐藤文彦先生;国語、1組担任)、甚左さん(池田實先生:体育、6組担任)応援ありがとうございました。
この後、古希祝いの第13期同期会が「ホテル サンルート」で開催され、2015年10月17日は忘れられない一日となりました。北海道室蘭栄高校は永久に不滅です!
(山形、高嶋記)
 道内一週1道内一週2
{遂にゴール] 【ゴール直後花束贈呈】

CIMG2354.jpg
【室蘭栄高校校舎をバックに記念撮影】
13:00:50 | 100周年記念マラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第10回講演会と忘年親睦会が33期の渡辺さんを迎えて開催されました | ホーム | 北海道一周マラソン 第六ステージ(2015)西周りコース ファイナル>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tokyohakuchoukai.blog34.fc2.com/tb.php/404-83f5830a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |