FC2ブログ
東京白鳥会「第13回講演会・新年親睦会」
2018 / 11 / 27 ( Tue )
東京白鳥会「第13回講演会・新年親睦会」のお知らせ

東京白鳥会では第13回講演会を兼ねて、今回は久々に女性の講演者迎え、新年親睦会を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしています。
※メールでのお申し込みはmail:tokyohakuchoukai@gmail.comまたは左下の欄のメールフォームからお願い致します。

●と き:平成31年1月27日(日) 15:00~18:30(開場・受付開始14:00)
●場所:関東ITソフトウエア健保会館「桜華楼」 JR大久保駅前(徒歩1分/JR新大久保駅より徒歩5分
●会費:4000円(当日会場にておしはらいください。)
●申込締切 平成31年1月20日(日)

第一部:<講演会>26期/小川暢子さん 15:00~16:30

テーマ「姿勢と呼吸を整えて気持ち良くいきる」
   
image-546x819.jpg

 小川暢子さんは東京女子体育大学を卒業後、ANA CAとして勤務され、結婚後、ご主人の転勤に伴い上海に渡り、漢方、薬膳、足裏健康法に出会って興味を持ち、帰国後「足の大切さ」や「姿勢と呼吸のつながり」を学び、現在「元気なキラキラびと」が増えるよう、カルチャーセンター、やウオーキングイベント、短大等で講師として活躍、メディア(マツコ会議)に「美魔女」として登場、話題になりました。

第2部:<新年親睦会>講演会終了後 17:00~18:30  立食パーティーとなります。

〔ご注意〕参加希望の方で、急に出られなくなった場合は1月23日までメールでご連絡ください。当日ご連絡なく欠席の場合は後日、参加費をお支払い頂く事になりますのでご注意ください。



 

15:53:29 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
「佐藤嘉一さんを偲ぶ会」に出席してきました
2018 / 08 / 01 ( Wed )
20180715_shinobukaiBr2当日のパンフレット

20180715_shinobukaiBr1

室蘭栄高校2期「佐藤嘉一さんを偲ぶ会」に出席してきました。
元劇団エルムの皆様が呼びかけ人として偲ぶ会が開催されました。
出席者は、劇団エルムの皆様、日本児童演劇協会の皆様、そして東京白鳥会の塚田さん・八百坂さん・大津さん・小笠原、
坪川監督と出演者・映画関係者で構成されていました。また韓国・台湾からのご友人もいらっしゃいました。

最初に呼びかけ人代表として演出家の ふじたあさや さんが挨拶されました。劇団えるむの設立のお話はとても良かったです。私たちの知らない佐藤嘉一さんがそこにいます。
その後も、劇団の方々、台湾の友人から佐藤嘉一さんの人柄が感じられるお話が続きました。東京白鳥会は塚田さんから出席者の紹介と東京白鳥会の設立に佐藤嘉一さんが尽力されたことを紹介。

最後は坪川拓史監督が映画「モルエラニの霧の中」第6章「樹木医の話」を上映。元樹木医の佐藤嘉一さんを中心にストーリーが展開。本当に佐藤さんが同じテーブルにいるようなホットな偲ぶ会になりました
20180715_shinobukai
写真手前右から:室蘭映画製作応援団事務局長の東野郁夫さん、女優の橋本麻依さん、アーティストのKwon Na-Yeonさん、坪川拓史監督、八百坂副会長、大津副事務局長、塚田顧問、小笠原、高井三千子さん(元劇団)

佐藤嘉一さんのエッセイもご覧ください。
12:41:39 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
15期:木村みちよさん 第40回「日本新工芸展」出展
2018 / 06 / 04 ( Mon )
15期:木村みちよさん 第40回「日本新工芸展」出展!

2018年5月16日(水)〜5月27日(日)
国立新美術館(六本木)

木村みちよ2018
木村みちよさんの作品「若草」

今回は「若草」は室蘭近郊や胆振の山野からの麒麟草、よもぎの若草など採取された染料を使って染織した糸を織り上げたものです。
木村みちよさんは昨年より日本新工芸展の審査員として活躍しています。

今年はNHKの「ブラタモリ」で室蘭、洞爺湖が放映されて話題になりましたが室蘭の噴火湾に位置する独特の地形が織りなす美しい地形と、霧のもたらす気候が豊かな植物がを育み、更に野鳥たちの楽園となって全国有数の渡り鳥の飛来地となっていますがこれら大地と対峙しながら永年に渡り、木村みちよさんは日本新工芸展会員の染織家として、作品を生み出しています。

この工芸展には栄高校19期卒業生の石山和雄さんも毎年、陶芸の作品を出品しています。
今年の作品は大きな力強い「黒釉変窯花器」が入選されました。

DSC_0229.jpg



18:47:59 | 室蘭便り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
室蘭栄高校2期「佐藤嘉一さんを偲ぶ会」のご案内2
2018 / 06 / 04 ( Mon )
室蘭栄高校2期「佐藤嘉一さんを偲ぶ会」のご案内

東京白鳥会立ち上げからご支援いただいていた栄高校2期の佐藤嘉一さんが亡くなられてから一年になります。
佐藤さんは室蘭で製作中の「モルエラニの霧の中」の初冬の章の樹木医として出演されました。
個人の意志でもあり、ご家族の意向もあって、葬儀は行わないということでありましたが、一周忌も経て、ご友人や元「劇団えるむ」、東京白鳥会の呼びかけで偲ぶ会を行うことになりました。詳細は下記の通りです。

●日 時:2018年7月15日(日)14:30開会、16:30閉会
●会 場:四谷/主婦会館エフプラザ7Fカトレア
     102-0085 東京都千代田区六番町15
●最寄駅:JR四谷駅麹町口より徒歩1分
     東京メトロ丸ノ内線四ツ谷駅1番出口
     東京メトロ南北線四ツ谷駅3番出口より徒歩3分
●会 費:5,000円
●参加申し込みは6月20 日までに下記のリンクからメールでお申しこみください。
  メールで送信 「佐藤嘉一さんを偲ぶ会」に出席します 

※誠に勝手ながらご供花、ご供物はご辞退申し上げます。
 また、ご来臨の説は平服にてお越しくださいますようお願い申し上げます。

map.png

17:15:41 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
東京白鳥会第7回総会・懇親会が盛会のうちに終わりました
2018 / 05 / 20 ( Sun )
東京白鳥会第7会総会及び懇親会開催!

心配された雨も降らず、5月19日(土)市ヶ谷アルカディアにおいて東京白鳥会第7回総会と懇親会が開かれました。
昨年、母校開学100周年を迎え、栄高校の現校長、室蘭白鳥会役員の方々、伝説の応援団の皆様もご参加頂き、盛況な総会・懇親会となりました。
出席者は栄高校1期生から64期生まで合計で130名。ご夫婦での参加が6組ありました。事務局メンバーをはじめ、結集を行っていただきました各期の幹事の皆様、ありがとうございました。開会前は、創立100周年記念動画を見ていただきました。
受付2018

塚田会長挨拶 塚田会長

定刻の12時、嶋野副会長のあいさつで開会。
初めに塚田尚史会長があいさつ。2年ぶりに皆様と再会できました事を嬉しく思います。そして室蘭から佐々木校長、次期白鳥会会長の渡辺様、百成幹事長の出席を頂き開催されたことを紹介。昨年は、母校100周年盛大な式典と祝賀会が行われ、次の100年に向かっての更なる発展を誓い合ったところです。皆様そして東京白鳥会も何分かの貢献ができたのではないかと思います。
東京白鳥会も第7回の総会を迎えることができました。2年に1辺の開催ですが、会も充実してまいりました。総会では芸術芸能に秀でた先輩後輩の方々の演奏があり、今日も大変に期待しております。また遠路100周年披露された41期の応援団の皆様がみえており大いに楽しみたい所です。
総会の無い年は2度の新年会・忘年会があり、先輩後輩の各界で活躍されている方々の講演があり、来年も又楽しみにしています。皆様の協力のもとに会が開催でき、ありがとうございます。また「モルエラニの霧の中に」の映画も最終段階に入っていると聞いている。当会副会長の八百坂さんが東京応援団の団長をやっておりますが、皆様と一緒に支援していきたいと思います。
今日は世代を超えた楽しい懇親会になればと希望する次第です。、今日はこの会を準備いただきました事務局、また期の幹事の皆様にお礼申し上げます。とともに、今日ご出席いただきました皆様の益々のご健勝と東京白鳥会の益々の発展を記念してと結んで挨拶を終えた。

2018原 原事務局長
続いて2年間の事業報告と会計報告を19期の原事務局長が、監査報告が同じく19期の苫米地監査から行われた。続いて役員改選で塚田会長が退任し、小野新会長が新会長に推薦された。参加者全員の賛同の拍手を持って無事に第7回総会は終了しました。 

2018会長交代
12期の小野拡邦新会長から挨拶を頂きました。
塚田会長からのご推薦、活発に活動している我が12期の皆様の推薦と考えお引き受けすることにしました。
東京白鳥会は鴨下初代会長で会を作り。引きつづき塚田2代会長が発展させてきた。3代目の私、世間的な悪いジンクスを破り、微力ではありますが努力させて頂きます。大事なことはこの白鳥会を次の世代に引き継いでいくことと考えております。白鳥会を発展させて行くためにも皆様からのご協力が必要です。塚田前会長には引きつづき後見役をしていただきます。皆様、一緒に会を発展させていきましょうと挨拶を結ばれた。
2018小野新会長 

<懇親会>
ただ今から懇親会をという大津さんの発生で開会
懇親会は室蘭から来られた第33代室蘭栄高校校長の佐々木淳校長のあいさつにはじまりました。
昨年6月10日の100周年は、着任2か月10日目。出身は秋田県大館市。私の出身校も栄高校と同じ普通科と理数科があり、スーパーサイエンス指定校。
現在は、1学年6クラス240名。全校生徒で全日制700名、定時制66名(24名が1年生)。 
挨拶のあとに、乾杯のご発声を頂きました。
2018校長

この後しばらく歓談タイムに!懐かしいあの顔、あの先輩・後輩。久々に同期のみんなが。。。美味しい料理にビールにワイン。語らいが弾みます。
20187th同期のみんな

<アトラクション>
47期のフルート奏者 宮川悦子さん(写真左)の登場です。今回はご友人のアイリッシュハープ 二橋麻子さんの応援を頂きフルートとハープの共演コンサートが開始です。
20187thFluteMiyagawa
演奏曲は 「愛の挨拶」「亡き王女のパバーヌ」「スカボローフェア」「そらのあな」「夏は来ぬ」「チャルダッシュ」。
そしてアンコール曲「ふるさと」に。
途中に楽しいトークを挟みながら、あっという間にラストの曲。
動画は宮川さんのオリジナル曲「そらのあな」
宮川さんはフルートを笛に替えて演奏。
演奏中に先輩の方が一言「繊細で素晴らしい音色が、自分の汚れた心をすっかり浄化してくれたよ」と。


アンコールの後に当会のすずらんの会の皆さんが壇上に呼ばれて、一緒に「ふるさと」を歌いました。


<期紹介>
まずは20期の皆様方。発表は期幹事の只野さん。
3年1組の担任 小西先生の米寿を祝う会の紹介を頂きました。
20187th20期

続いて21期の皆様方。MCは期幹事の上野山さん。
21期のみんなで2007年に母校を訪問・見学。イタンキでバーベキューが良いですね。
201821期

<伝説の応援団>
昨年の母校100周年の記念行事で伝説の応援団が演舞を披露した。
その伝説の応援団が東京白鳥会に登場!左は41期 第73代応援団長 十鳥 恭一、中央は佐藤 康幸、右は宮川 敦。
2018DensetsuOuendan

栄高校に入学した1年生に歌唱指導をする応援団。思い出しました、あの時を。


応援歌メドレー
1曲目 金色の征矢(リーダー 宮川) 
2曲目 北海の空+エール(リーダー 佐藤) 
3曲目 壮行歌(リーダー 宮川)


優勝歌の次は、栄高校校歌をみんなで熱唱!全員が、それぞれあの時の自分にタイムスリップしたようです。
皆さん、大声で校歌を歌っていた自分に気づいたでしょうか?


興奮冷めやらぬ会場に4期の石井期幹事が登場。
元気にまた次回お会いしましょう!最後は万歳三唱!中締めの挨拶をいただきました。
2018BanzaiIshii

19期の皆さま、準備と進行大変にお疲れ様でした。

当日の会場での写真はたくさんございます。下記の応援団の写真をクリックしてください。
2018応援団第7回東京白鳥会総会
23:42:51 | 活動報告 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ